むくみの原因と改善方法

寒くなり血行が悪くなってくると特に増えてくるお悩みが「むくみ」

まず、むくみ とは
『皮膚の下(皮下組織)に溜まった余分な水分』
のことです。

細胞は動脈から酸素や栄養を受け取り、老廃物などは90%静脈に、残り10%はリンパ管へ流れ、体内の水分の割合が保たれます。
しかし、そのバランスが崩れて余分な水分が溜まると、むくみが生じます。
むくみは血流(静脈)とリンパが大きく関係してきます。


⚘改善方法⚘

①塩分を控える

塩分の高い食べ物をたくさん取ると、体の中の塩分濃度があがります。塩分濃度が高いと低くするため水分を溜め込んでしまいます。
カリウムは腎臓でナトリウムが再吸収すれるのを抑制し、排出を促すので積極的に摂取してあげましょう。(ほうれん草や小松菜、アボカド、バナナなど)



②末梢血管を温めて血流を促す

体が冷えていると、毛細血管の血液循環が悪くなり、むくみにつながります。シャワーだけでなくしっかり湯船に浸かってあげてください。



③運動をする

運動による筋力アップは血流の流れをよくしてくれるのにとても効果的です。むくみだけではなく健康にも非常に良いので生活に取り入れてみるのもオススメです。



④マッサージをする

リンパ管にはポンプの役割をしてくれるものがないため
体の外からの刺激などはリンパ液を流すのに大きな手助けとなります。

お風呂あがりや寝る前に、クリームやジェルをつけて足をマッサージしてあげると次の日とても足が楽になります✩

そんなに強い圧をかけなくてもリンパは流れます。
足の場合は最初に膝裏や鼠径部のリンパ節を刺激してから、下から上へリンパ節に向かって流してあげてくださいね☺︎
x