原因と改善方法「食べ物とお肌の関係」

食べ物とお肌は密接な関係があります。
毎日のケアもしっかりしていて、睡眠もきちんと取れているのに、お肌の調子が悪い、と思う場合は一度お食事を見直してみてください。


「食べ過ぎ」
➡️胃腸に負担をかけて、肌がくすんだり血色が悪くなったりする一因となる。

「バランスのとれていない食事」
➡️タンパク質やミネラルが不足する原因となり、健康な肌が作られにくくなる。

「水分不足」
➡️循環が悪くなり、ターンオーバーの乱れにつながる。

「ジャンクフードや脂質の多いもの」
➡️過剰な皮脂分泌を招き肌荒れやニキビの原因に。

「カフェインの摂りすぎ」
➡️ビタミンCを破壊し肌老化を促進する可能性も。


肌荒れにおすすめの栄養素は

⋆たんぱく質
⋆ビタミンA
⋆ビタミンB群
⋆ビタミンC
⋆ビタミンE
⋆食物繊維

などです。

お肉、お野菜、卵が特に上記に含まれることが多いため不足しないよう意識してみてください☺️


また、夜遅い時間に食事をとると睡眠中にも消化器官が活動しなければならないため、結果として睡眠の質が低下してしまいます。
睡眠は健康な肌をキープするのに重要な要素です。
肌荒れを防ぐためにも、夜遅い時間の食事にはご注意ください。
x